歯の定期健診の検診内容を徹底解明!

歯医者さんに行くなら治療より予防のために

歯周病や虫歯以外のお口の悩み事についても

歯医者に通うタイミングは、いつが良いと思いますか? 「歯周病や虫歯になったとき」と答える方が殆どでしょう。 一般的に言われている予防歯科は、その時を「お口が健康な時」であると考えられています。 同じ通院なら、なってしまってからではなく、「治療」よりも「予防」の方が、メリットは大きくなるでしょう。

続きを読む

その時を口腔内が健康な時であると考え

みなさんの口腔内の健康をつくるために、歯医者さんでは歯科相談や歯科健診を行っています。
歯周病や虫歯予防のための治療も行っているのです。
では、どのようなことを行ってもらえるのでしょうか。
虫歯については、歯の噛む面や付け根だけではなく、歯と歯の間の直接見えないところに虫歯はできやすいでしょう。
また、一度つめて虫歯治療をおこなったとしても、その隣に新しい虫歯ができているということもあります。
歯医者さんで虫歯を確認してもらうと良いでしょう。
歯のまわりの歯周ポケットが深いと、歯周病ということになります。
あなたの歯周ポケットの深さはどの程度なのかを、確認してもらいましょう。
歯と歯茎の正しい磨き方ついては、その方の歯並びや歯磨きの癖などがあるため、一人ひとり異なります。
あなたに合う、歯ブラシや歯間ブラシ・フロスなどの正しい使い方について、歯医者さんに教えてもらいましょう。
歯垢は、歯周病や虫歯の要因ですが、これを綺麗に取り除くということは、とても難しいことです。
どこに歯垢がつきやすいのかを確認するため、歯垢の染め出しを行ってもらいましょう。
歯ブラシで取りきれなかった歯垢は、歯周病や虫歯の大きな要因となるため、出来るだけ早く歯医者さんに行き歯垢を取り除いてもらうと良いでしょう。
歯石はどんな人にもつき、歯肉を圧迫することで、歯周病を引き起こす要因の一つとなります。
自分で取り除くということは難しいため、定期的に歯医者さんに行き歯石を取り除いてもらいましょう。
歯周病や虫歯以外のお口の悩み事についても、歯医者さんは相談にのってくれるでしょう。
普段から口腔内を清潔に保つと共に、歯医者さんで定期的にお口の中の粘膜の状態も確認してもらうと良いでしょう。

おすすめリンク

一生その歯と一生付き合わなければならない

人間は、乳歯から永久歯に生え替わると、その歯と一生付き合わなければなりません。 虫歯やなどで失ってしまった歯は、二度と戻ってこないのです。 生涯を通して自分の歯で美味しい食事や会話を楽しめるように、治療はもとより診療後からのメンテナンスに力を入れましょう。

続きを読む

口腔内トラブルをいち早く発見することで

歯科医の仕事は、治療やメンテを通して患者さんのお口の健康を守ることですが、一度通院が終わってしまうと、自分の歯を守るのは患者さん本人です。 なので、3ヶ月に一度の定期健診を推奨しているのです。 口腔内トラブルをいち早く発見することが可能であれば、治療も費用も負担も軽くて済むでしょう。

続きを読む