インプラントの方法

今は多くの人が知るインプラント。その方法は、歯が抜けてしまった個所の顎骨に穴を開け、人工の歯根の「インプラント体」を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。他の方法としては、例えば入れ歯と比べてみると、より違和感のない咀嚼が可能ですし、外見も自然になじんでいます。インプラント治療には、歯科医、医療スタッフの歯科技工士による高度な技術のが必要不可欠です。最先端の高度な技術を用いた施術で、勿論それだけ治療費は高くつきますが、その分効果も期待できます。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプが存在します。「1ピース・インプラント」は人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっています。あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが活用されますが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方が今は主流になっています。インプラント治療にはいろいろな長所があります。仮歯を入れてから、義歯だとばれることはたぶんないでしょう。ちょっと見には、自分の歯と変わらない自然なイメージなので他の人に自分から告白する必要もないので普通にしていて問題ありません。義歯だとばれたくない人はこの方法がお勧めです。