坐骨神経痛と血液

坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されて起る痛みです。寄対や骨盤がずれることで圧迫されるようになることが多いようです。坐骨神経痛の原因はいろいろ考えられるので、自分の坐骨神経痛がどのタイプなのかをしっかり分析してから対処する必要があります。坐骨神経が短いと、無理に引っ張られて刺激となり、痛みの症状になることもあるのです。この対処法としてはストレッチなどにより、神経を伸ばしてやることで、ゆとりが出て、症状が改善する場合もあります。ちょっとしたことがきっかけとなり、坐骨神経痛になってしまうこともあります。例えば、睡眠中に寝返りを打ち、横向きになった時、上側になっている足の重みで、血行が悪くなり、神経の一部が損傷することで坐骨神経痛の原因となってしまうことも多いようです。予防法としては、脚の間にバスタオルや枕などを挟み、血行が滞ることのないようにすることです。血液やリンパの流れは、健康のために重要なことです。普段から気を付けておきましょう。神経による障害では、頸椎症や頸椎ヘルニアも最近注目されている症状です。首のヘルニアである頸椎ヘルニアも、睡眠中の寝返りでひどくなることがあるのです。

徳永英光ストレッチで改善