虫歯を防ぐ生活習慣 | 歯の定期健診の検診内容を徹底解明!

歯医者さんに行くなら治療より予防のために

一生その歯と一生付き合わなければならない

痛みが出てから歯科医院に行くという方も

皆さんが歯医者に来る理由の多くは、歯周病や虫歯の治療ではないでしょうか。
痛みが出てから、歯科医院に行くという患者さんも多数いるのではないかと思います。
歯周病も虫歯についても、生活習慣病の一種でしょう。
日々の歯磨きや生活習慣を改善して、しっかりとメンテナンスを行っていると、かからずに済む病気です。
歯科医院では、生活習慣を見直すお手伝いを積極的に行って、歯周病や虫歯に苦しむ患者さんを一人でもなくすということを考えています。
口の中の写真を撮影するために口腔内カメラを使い、モニターで患者さんが自分のお口の状態を見て頂きつつ、わかりやすく説明を行います。
必要に応じて模型なども使用し、適切なアドバイスを行っています。
また、歯科医師や歯科衛生士が自分で使用してみて「いいな」と思った歯ブラシや歯磨き粉などを、歯磨きのための補助器具として紹介しています。

一生使用する大切な永久歯です

子供は大人よりエナメル質が薄いため、歯の質も幼弱なので、短期間で広範囲に虫歯が発生してしまう傾向にあります。
その反面で、乳歯や生え変わったばかりの永久歯については、フッ素をより多く取り込みます。
フッ素については、虫歯になりにくい丈夫な歯にすることが可能なため、3ヶ月ごとのフッ素塗布をするという習慣を作って欲しいと思います。
生え変わったばかりの永久歯の溝は深く、歯ブラシでは届きにくいため虫歯になりやすいでしょう。
一生使用する大切な永久歯ですので、虫歯にならないようにお手伝いさせて頂きたいと思います。
日頃より、美容院に行くような感覚で、歯のメンテも行っていれば、歯周病や虫歯で苦しむこともないでしょう。
定期検診の予約をして、気軽に受診してみましょう。


この記事をシェアする