歯磨きだけでは歯垢は | 歯の定期健診の検診内容を徹底解明!

歯医者さんに行くなら治療より予防のために

口腔内トラブルをいち早く発見することで

歯の間の歯垢までしっかりと落とすには

歯ブラシで落とせる歯垢は60パーセントと聞いて「えっ〜」とビックリされた方も多いのではないでしょうか。
残念ながら、これが事実なのです。
歯と歯の間は、歯ブラシでは届きにくく約40パーセントの歯垢が残っています。
歯垢は、歯の表面に付いて増殖する細菌のかたまり、1ミリグラムの歯垢には1億を超える細菌がいるとされ、歯周病や虫歯、口臭などの要因となります。
歯の間の歯垢までしっかりと落とすには、歯ブラシとデンタルフロスや歯間ブラシの兼用がお勧めでしょう。
それだけで歯垢除去率は1.5倍になるのです。
デンタルフロスについては、海外でも広く使われていて、予防歯科先進国であるスウェーデンでは、歯ブラシにプラスしてセルフアイテムとして落ち着いています。
みなさんも1日1度は、デンタルフロスを取り入れてみてはどうでしょうか。
短時間で効率の良い歯垢を落すことが可能な歯磨き習慣で、健康で綺麗な歯をキープしましょう。

磨いていると磨けているには大きく違いが

毎日歯磨きしているので、自分の歯磨きに自信がある、歯周病や虫歯にはなっていないといいう方についても、実際にしっかり磨けているという方は2割もいないのです。
歯周病や虫歯の治療を行っている方は「毎日きちんと磨いているんですけど」と言われる方が多くいます。
「磨いている」と「磨けている」というのは大きく違いがあり、歯磨きの意識と現実には大きなギャップがあります。
要因として、歯磨きの方法が間違っている・自分の口腔内の状態に適したケアができていない・磨き癖があり効果的に歯垢を落とせていないなどが挙げられます。
歯垢が残りやすい所については、歯と歯茎の境目や歯と歯の間・歯並びの悪いところになります。
鏡で歯並びを確認しながら「磨いたつもり」にならないようしっかりとケアしてください。
歯ブラシは毛先が広がることにより、歯垢除去率が一気に低下するため、1ヶ月に1本を目安に歯ブラシを交換すると良いでしょう。


この記事をシェアする